コスパリストのコスパブログ

果てなきコスパ道の探求

【精神】週末断食のすゝめ【修行】


断食芸人

断食芸人


またまた、人体実験企画です

ダイエット中の3連休なのでラーメンなんて食べれないし

好きなもの(パスタ、たこ焼き)でも作ってやろうかと思う気持ちを押し殺して

選んだ行動が

断食なわけです

これから実践するプチ断食について書いていきます


脂肪っていわゆる予備のエネルギーなわけですよね

この前書いた1日のカロリー収支の持ち越しの蓄積なわけです

お金が溜まるのはうれしいけど

脂肪って嫌ですよね

現代社会ではありえないですけど

飢餓に備えて本能的に蓄積してしまうみたいです

実は脂肪以外にも、肝臓、筋肉にエネルギーは蓄えられているのです

なのでエネルギー不足の時はダイレクトに脂肪から使ってやるぜ

っていうことはなくて脂肪以外に蓄えられてるエネルギーを使い切ってから

やれやれと脂肪のエネルギーを使っていくわけです

これじゃあ脂肪が落ちにくいわけです

そこで、よっしゃ一旦全部が使い切ったろ

と判断し、至った結論が

断食なのです

断食なんていうと

ラマダンとか宗教を連想しますが
  1. 免疫機能向上
  2. ストレスに強くなる

といった研究報告もあります

長期の断食は筋肉量の減少が起こる可能性もあるので注意しましょう

2日程度なら神経質になることもないでしょう

自分を含めて普通の人は1日3食朝昼晩と食事をするわけですが

そもそも

本当に毎食、それを本当に食べたくて食べているの?

という問いに

はい!

と答える人はどれくらいいるんだろう

朝の何気ないトースト

昼に同僚と付き合うランチ

残業帰りのコンビニ飯

本当に自分はこれを食べたくて食べてるんだ!ていえますか

自分はいえないです

完全に惰性で食べてます

雑に生きてます

ダイエット目的でありながら健康にもよく、

さらには自分のライフスタイルの見直しのために断食に取り組みます

準備、断食、復食の3ステップを3日間で行うプチ断食です

土日休みで特に激しく出回る予定がない週末は

金曜日に準備に入り、

土曜日に断食、

日曜日に復食

という形で取り組めます

準備(金曜日)
普段普通に食べてるとそれに対応する消化液が体で作られるわけです

そこで急になにも食べないと、消化液が使われず胃のむかつきなどが起きてしまいます

段階的に減らすという意味で

昼食は腹八分

夕食は普段の半分の量で、寝る3時間以上前にすませる

普段より水分を多めに摂る(期間中も)

お酒は飲まない

これを実践しましょう


断食(土曜日)

本番の断食です

1日の予定はできるだけインドアで熱中できるものをしましょう

これまて食事を忘れて取り組んだことのある趣味を目一杯やりましょう

読書、ネット、手芸、映画、アニメ、漫画、ゲーム

自分はオンラインポーカーが好きなのでずっとやります(弱い)

口に入れるのは水のみです

脱水には気をつけましょう

客観的に自分の体を見つめて変化を感じましょう

復食(日曜日)

お疲れ様でした

約30時間以上内臓は活動を止めています

突然普段通りに食べてしまうと体に負担がかかります

断食を始めるのと同等に、辞めるときも

朝食はお粥をゆっくりかみしめましょう

ここで食べ過ぎたら全く意味ないです

昼と夜も半分くらいに抑えて徐々な普段の生活に戻しましょう

また、野菜ジュース、ヨーグルト、インスタント味噌汁などはOKというルールをいれるなどアレンジしてみても良いですね

断食チャレンジで

デトックス

ダイエット

ライフスタイルの見直し

精神修行

食事代カット

しましょう

また、レポート書きます

「食べない」健康法 (PHP文庫)

「食べない」健康法 (PHP文庫)