コスパリストのコスパブログ

果てなきコスパ道の探求

【GW】GoogleフォトでiPhoneの容量不足を解消しよう【写真撮影】

ドケチはiPhoneの容量を16GBにしがちである。

 

そんな説を持っている私も何を隠そう16GBiPhoneユーザーなのである。

 

 

 

 

 

一括0円で買うのはコスパリストとして当然なのだがその際に容量の議論になると多くのドケチ民はメダパニにでもかかったように無駄に64GBにしてしまう有様である。


16GBのiPhoneにしたらいくらかの商品券がもらえて、64GBにするならいくらかの追い銭をしなければならないこともざらにある。

 

そこで冷静にそしてシビアに16GBを選んだ同志に私はある種の連帯感を感じる。

 

落ちついて考えてみてほしい、音楽や動画でそんなに容量は必要なのかい?


そんならもう再生用プレーヤー持ち歩けよと。

 

流行の曲なんぞyoutubeにだいたいあがっとるわと。


動画に関してもNetflixとかアマゾンの動画サービスとかいろいろあるやんけと。

 

 

 

 

でも実は容量って必要だったんです。

 

写真です。写真。

 

自分は旅行が好きで長期休暇はどこかに行きたいのですが、

 

非日常からなんでもない物まで写真に収めがちです。

 

そして、最近ついに容量がいっぱいです。ていう

 

メッセージが出てしまいました。

 

そこで、GWにお出かけする皆さんのためにGoogleフォトを使って容量を空ける方法を

伝授したいと思います。

 

 

Sync for Google Photos

Sync for Google Photos

 

 

 

無料で無制限のGoogleフォト

 

とりあえずGoogleフォトのアプリをダウンロードしてくれ。

 

アプリを起動するとiPhoneの写真がGoogleフォトにバックアップされていく。


iPhone内の写真がすべてバックアップされるので時間がかかるから一日家にいるぜっていう日とか寝る前にちゃんと充電しながら設定しておくのがおすすめ。

 

もちろんwifiで。

 

あと、「写真と動画のアップロードサイズ」画面で、「高画質」と「元のサイズ」がある。

 

無料で容量の制限なく利用する場合は、「高画質」を選択しよう。


正直、iPhoneで気楽にとった写真なんぞそこまで画質にこだわることもないだろう。

 

というか十分綺麗だし。

 

Googleフォトでは、1600万画素以下の写真と1080p以下の動画はそのままのサイズでバックアップされる。


iPhone 6sのカメラでも1200万画素なので、iPhoneで撮影された写真は、リサイズされない。

 

 

ココがすごい!


Googleフォトがすごいのはわかったけど結局iPhoneの容量はまだあいてないじゃん!ていう声が聞こえてきそうですね。

 

iPhoneで撮影された写真が無事にGoogleフォトにバックアップされたらあとはiPhone内から削除するだけです。

 

それではひとつずつ選んで・・・

 

ってことはしなくていいんですね。

 

さすがですねGoogle先生

 

Googleフォトの「設定」画面を開き「空き容量を増やす」から、表示されたダイアログで「削除」をタップする。


そして、iPhone内の写真アプリの「最近削除した項目」を選んでそこから削除をする。

 

これだけ!!

 

これだけで写真はしっかりとバックアップされて新しい写真をバシバシ撮れるわけです。

 

なんといってもGoogleという安心感がありますね。

大切な思い出の写真の保管が突然サービス停止で見られなくなっては元も子もないですから。

 

それでは良いGWを!

 

 

ソーシャルメディアでいいね!をもらう スマホ写真撮影術 iPhone版

ソーシャルメディアでいいね!をもらう スマホ写真撮影術 iPhone版